医療法人社団 藤花会 江別谷藤病院

メニュー

PC版

  • ホーム
  • 病院案内
  • 外来診察
  • 入院案内
  • 部門紹介
  • アクセス

部門紹介

  • 看護部
  • 診療技術部
  • 事務部

リハビリテーション課

理念・方針

一、患者様の権利を尊重し、患者様のニーズに応えるようにリハビリテーションを提供するよう努めます。一、目に見える身体的なものだけでなく、発症や受傷等による精神的なものに対しても考慮したリハビリテーションを提供するよう努めます。一、一人一人が社会の人的資源である事を常に意識し、日々自らの能力向上のため研鑽に努めます。

対象患者

整形外科 64%(代表的な疾患:大腿骨頚部・
腰椎圧迫・橈骨遠位端等の骨折など)
脳神経外科 31%(脳梗塞、脳出血、パーキン
ソン病など)
内科 5%(肺炎後等の廃用症候群など)

療法

理学療法

主に身体に障害を持つ方などに対し、座る・歩くなどの基本的な身体の能力の回復や向上のために運動を行っています。また痛みを軽減したり、体を動かしやすくするための練習も行っています。

作業療法

作業療法では、実際の生活場面における問題点を評価し、いろいろな作業活動(日常生活の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般)を通じて機能の回復、院内での活動の取り組みに向けた治療訓練を行います。 また、残された機能を最大限に活用できるよう家庭・仕事への復帰を目指すお手伝いや家族に対する支援を行います。

言語療法

脳血管障害などの後遺症で言語や飲み込みに障害を持つ方、加齢によって飲み込みの低下が生じ肺炎などを引き起こす可能性のある方に対して、発話をスムーズにする為の訓練や飲み込みの機能の回復や向上のための訓練を行っています。

最後に

江別市内でも希少なPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)の3職種が揃っているリハビリテーション科です。 その特徴を生かし、多様な視点から地域に根ざしたリハビリテーション科を目指していきます。

薬局

当院は、院内薬局になっており、外来患者様と入院患者様のお薬(内服薬、外用薬、注射薬)を調剤しています。

放射線科

X線撮影装置、CT、MRIなどの各種装置を使用し、様々な検査を行っております。
それらの検査を行ううえで、患者様にとって有用な画像を提供できるよう 精一杯の努力するのは勿論ですが、それを踏まえたうえで安心して検査を受けていただくよう、思いやりの心を持って検査する事を目標としております。
患者様とは短い検査時間のみでの出会いではございますが、私たちはその患者様との時間を何よりも大切にしたいと考えておりますので、ご質問・ご意見等ございましたらお気軽に声をお掛けください。

臨床検査科

当科の臨床検査技師が担当している検査は、生理検査と検体検査があります。
生理検査とは患者様が直接対象となり機器などを接触させて行う検査です。
主に心電図、エコー(超音波)、筋電図、脳波など10種類以上あり身体の中の電気的な変化や画像情報を提供しています。
検体検査とは患者様から採取した血液や尿などを使用して行う検査です。
主にインフルエンザ、心筋梗塞、尿などの検査があります。顕微鏡なども使用して身体の状態を把握できる情報を提供しています。
患者様の病気の発見、予後の経過観察に対する詳細な情報提供行っています。
患者様の状態をよく理解し、楽に検査を受けて頂けるよう努めています。

臨床工学化

臨床工学科は別名ME(Medical Engineer)科とも呼ばれており、主に患者様への治療業務と院内のME(医用電子)機器の保守・点検・修理・管理業務の2業務を行っております。
具体的な業務内容としましては、高気圧酸素治療(HBO)、人工呼吸器の操作、血液浄化等、直接患者様へ治療を施す治療業務と、その治療に関わる医療機器を始め院内における心電図モニタや除細動器、輸血ポンプ、シリンジポンプ等のME(医用電子)機器の簡単な修理や保守点検・管理等の業務です。
治療業務は実際に患者様と接して治療いたしますので、常に患者様の立場・気持ちになって治療することを第一に考え、また医療機器の保守・点検・修理・管理業務においても機器が実際に患者様の治療に関わる以上、常に機器自体がベストな状態で臨床の現場で使用できるようにするのは勿論のこと、実際に機器を使用するスタッフの立場になって機器の管理を行う事をモットーに業務を行っております。

臨床工学化

栄養科では、美味しく安全な食事を提供出来るように日々努めております。
管理栄養士1 名、栄養士1 名、調理師4 名、調理員2 名で構成されており、勤務時間は、午前5 時半から午後7 時半まで交代制で勤務しています。
食事は、患者食が約100 食(1食当たり)、昼食に職員食約60 食を提供しています。食事内容は、経口食と経管栄養食(胃瘻含む)があり、経口食は常食と特別食に分かれています。
特別食は、個人の疾病に応じて、糖尿食、心臓疾患食、脂質異常症食、肝臓食、膵臓食、腎臓食、潰蕩食などを提供しています。食事形態は、常菜、軟菜、きざみ、きざみとろみ付き、ベースト、ゼリー食など個別に対応しています。
食事を少しでも楽しんでいただけるように、毎月1 回行事食も取り入れています。節分、ひなまつり、クリスマスなどその月ごとに季節感を感じていただきたいと思っています。
糖尿病、心疾患などの方を対象に栄養指導も行っておりますので、食事に関して質問などございましたら、いつでもお申し付け下さい。

  • 医療法人 藤花会
  • 医療法人 藤花会
  • 小規模多機能型居宅介護事業所ふたば
  • グループホームウィスタリア
  • 求人情報
  • 外来担当表
  • スタッフブログ
  • 健康急便
  • サイトマップ
  • 主な施設基準
  • 広報誌

TOPへ戻る